【公式】上石神井かえで整体院

Blog

【ぽっこりお腹】前弯後弯亢進タイプの猫背

今回はぽっこりお腹が特徴の猫背【前弯後弯亢進タイプ】について紹介します。

 

前弯後弯亢進タイプの猫背

背骨本来のS字が強くなった姿勢を指します。

骨盤が前傾すると腰椎前弯が強くなり、いわゆる反り腰の状態になります。

一方で胸椎の後弯が強くなることで背中が丸まり、頭部が前に出やすい特徴もあるのが前弯後弯亢進タイプです。

ストレートネックと診断されやすく、肩こりや頭痛、腰痛になりやすいので注意が必要です。

 

前弯後弯亢進タイプのポイント

①頭部が前方に移動する

②頸部や胸部の筋肉が緊張しやすい

③胸椎の後弯が強くなる

④腰椎の前腕が強くなる

⑤骨盤は過度に前傾気味

⑥大腿部が前傾する

⑦大腿部外側の筋肉が緊張しやすい

 

猫背改善のための治療ポイント

前弯後弯亢進タイプは背骨が強いS字になっていることから、本来のS字に戻す事が大切になります。

背骨と骨盤の調整が必要不可欠と言えます。

この姿勢によって頸部や胸部、腰や大腿部などの筋肉は強く緊張していることが多いので、マッサージやストレッチなどの手法で筋肉を緩めていくと姿勢改善への近道になると考えています。

背骨や骨盤の調整、筋肉を緩めていく施術で姿勢を整えるだけでなく、正しい姿勢を維持するためには特に背部や臀部の筋肉を鍛える良いでしょう。

骨盤の歪みや背中の丸まりを予防するのに効果的です。

 

また日常生活において、姿勢の意識を頭の片隅に置いておくことも大切です。

猫背の改善、予防のためにも無意識でも姿勢が意識出来るようになると素晴らしいですね!

 

 

上石神井かえで整体院では、一人ひとりの姿勢や骨盤の歪みに合わせて適切な施術を行うことを心掛けております。

長年姿勢や歪みでお悩みでしたら、ぜひ一度当院の施術をご体験ください!

 

#猫背 #姿勢 #肩こり #腰痛 #猫背矯正 #骨盤矯正

contact